血圧対策

血圧対策商品

様々な血圧対策商品のご紹介。

血圧を下げる薬とそのリスクとは?

血圧を下げるためには、食事療法も大切ですが、薬でしか治らない場合もあります。
そこで、血圧を下げる薬とそのリスクについて紹介します。

血圧を下げる薬としては、以下のようなものがあります。

●カルシウム拮抗薬(ジヒドロピリジン系/ベンゾチアゼピン系)
血管や心臓に直接作用して、細胞のカルシウム濃度の上昇を抑えることで、降圧作用をえるもの。動悸、頭痛、ほてり感、浮腫み、歯肉増生、便秘といった副作用が表れる場合があります。

●アンギオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)
AT1受容体(血管収縮や心筋など昇圧効果がある)を阻害し、降圧作用を発現するもの。AT1受容体 が遮断された結果、アンジオテンシンⅡの生成が促進され、AT2受容体(血管の筋力増殖抑制など)の降圧効果もえる。妊婦や授乳婦は禁止。肝臓や腎臓に障害がある場合の使用にも注意が必要です。

●ACE阻害薬
血管を収縮させて血圧を上げるアンジオテンシンⅡが生成されるとき作用するアンジオテンシン変換酵素(ACE)を阻害します。腎障害患者は減量してから使用する必要があるようです。

●降圧利尿薬(サイアザイド系/ループ利尿薬)
排尿を促すことで、体液量の減少へと導き、降圧効果をえる。低カリウム血症や血糖値の上昇、尿酸値の上昇など代謝に影響が出る場合があります。

交感神経を抑制する薬としては、以下のようなものがあります。

●β遮断薬
β受容体を遮断することで心拍出量を減らし、中枢での交感神経を抑えることで血圧を下げる。気管支喘息の患者や自己判断での使用は禁止です。

●α遮断薬
α受容体を遮断することによって血管の収縮を抑えることで血圧を下げる薬。過度に服用するとめまい・失神といった症状があるようです。

その他としては、以下のような薬があります。

●合剤(利尿剤+ARB/カルシウム拮抗薬+ARB)

いずれも、医者にしかわからないことだらけです。
食事療法や生活習慣やサプリメントを試してみて、どうしても駄目な場合は最後は医者。

これらの薬はいずれも普通の人にとってはチンプンカンプンな作用や効果なので、使う前に必ず医者に相談してください。

高血圧でお悩みの方向け血圧を下げる食べ物

夜中にインスタントを食べてしまったり、ストレスなどでスナックを食べ過ぎてしまったりしている経験はありませんか?

不規則な食習慣を繰り返していると、体重だけでなく血圧も上昇。
すると、動脈硬化や脳梗塞など恐ろしい病気につながる場合もあります。

もちろん、血圧を上げる要因はこのようなインスタントやスナックだけではありません。
ストレス、食塩のとりすぎ、加齢による血管の老化、過労、運動不足、肥満、遺伝的要因などもあります。
また、腎臓病やホルモン異常など病気が原因によって血圧が上昇する場合もあります。
だからといって、好きな食事を制限したりすると逆にストレスになって血圧が上がってしまいます。

運動だって毎日続けるのは大変。
詰まるところ、食べながら血圧を下げたいと思うのは誰もが思うこと。

そこで、高血圧でお悩みの方向けの血圧を下げる食べ物をいくつか紹介します。

【1 塩分を抑えた食事を摂る】
塩分の過剰摂取が高血圧につながるので、塩分の量を減らしたりすることからはじめると効果的です。成人の1日の塩分摂取の目標値は、男性10g未満、女性8g未満と言われています。これを意識しながら塩分量を調整する食生活を送ることから始めてみるといいかもしれません。
(ちなみに、インスタント・スナック・うどんやそばラーメンなどの汁・丼・握りずしは、平均して塩分4g程度使われています)

【2 野菜・果物などカリウムを含む食品を摂取したり、血圧を下げる食べ物を摂る】
カリウムは、余分な塩分を体外へ排泄する働きがあるため、カリウムを含む食品を摂取するのも効果的。
野菜:玉ねぎ、セロリ、ブロッコリー、パセリ、緑黄色野菜、里芋、サツマイモ、シイタケ、シメジなど
果物:バナナ、プルーン、グレープフルーツ、メロン、干し柿、リンゴ、スイカなど
肉:鳥肉、ヒレ肉、脂身の少ない肉など
魚介類:さんま、アジ、サバ、マグロ、カキ、ホタテなど

調味料としては、お酢が非常に良いです。

塩分の代わりに柑橘系のエキスやお酢などに変えてみるだけでも、高血圧予防に大いに効果的です。

Copyright © 血圧対策商品 All Rights Reserved.